忍者ブログ

ちゃかろぐ☆

アナログゲームにハマってます。

   

廃墟作製〜3

家族が寝静まった後から作業始めたら、熱中し過ぎて途中の写真撮り忘れました。

アクリル絵具探してたけど、普段使わないのでなかなか見つからず、仕方ないのでシタデルカラーで着彩しました。情景塗装に使うと、めちゃ減るから躊躇してしまうんですよね。



ある程度、薄めたシタデルカラーで茶色と緑塗った後、木工用ボンドで草を貼り付けまくった。

100均スチレンボードで作った割には、そこそこソレっぽく出来たんじゃないかしら?正面入口上に看板設置してるんで、そこには何かしら文字を書く予定。



多分、ミニチュアを置いて撮影するのはこちら側からになると思う。あまり瓦礫をいっぱい置くとミニチュア置けないので、少し控えめに配置しました。



こちら側からの構図が好きです。崩れかけたところから、鉄筋が見えるのが今回のチャレンジでした。

試したかった事は納得いくレベルで出来たと思います。ネットで調べてたら、スチレンボードでとんでもなく精巧なジオラマを作製されてる方もいて、この趣味の奥深さを感じました。

次は何作ろうかなぁ〜。

拍手[3回]

PR

廃墟作製〜2

ウォーハンマー40kのミニチュア用撮影スタジオ&ゲームのテレイン(障害物)として使える廃墟作製中。



砂を混ぜてジェッソ塗りたくる。ブラックジェッソが無くなってたので、ホワイトジェッソを塗りました。

直に塗装しようかと思ったんですが、以前それやった時、絵の具の食いつきが良くなかったので、とりあえず下地はちゃんとしとこうかと。



一旦、 アクリル絵具で黒にした後に白でドライブラシ。

特に難しい事はしていないので、悩んだり行き詰まる事は無いんですが、細かいディテールにこだわりだすと終わらない作業になるだろうから、適当なところで完成にしたいところ。



焦らずじっくりドライブラシでシャカシャカやり続けました。ココから色数増やしていきたいんだけど、他の色のアクリル絵具をどこにしまったかわからない。

見つけたら作業再開します。

拍手[1回]

廃墟作製〜1

ウォーハンマー40kのミニチュアを撮影する用の撮影スタジオ&テレイン(障害物)としても使えそうな廃墟を作ってみます。



100均のスチレンボードを、適当に切って木工用ボンドで貼ってを繰り返して大まかな情景を作製。

設計図とかは作らず、実際に作業しながら思いついた事を実行する感じなので、つじつまが合わなくなるのは仕方ない。

仕事じゃないから別に良いんです。趣味なんだから。



製作時間の半分くらいはミニチュア並べてニヤニヤしてるので、全然作業が進みません笑

でもその時間が、妄想力をより刺激してくれて、次の作業のモチベーションを高めてくれるんだと思う。



崩壊した屋根の割れ目から針金を覗かせた。鉄筋の建物っぽくなるんじゃないかな?



廃墟の内装はまだ手付かずです。今回は内装と外装の両方をちゃんと造る必要があるので、多少は脳みそ使います。まぁ失敗しても得るものはあるから、無駄にはならないと信じたい。

拍手[2回]

スタートセット

結局、我慢出来ずにWarhammer40k8版スタートセット「FIRST STRIKE」を買ってしまいました。



プライマリスマリーンとデスガードの2勢力が計15体入ってて、ひとまずコレで遊ぶことが出来るらしい。

そして何より5,000円とかなりお安い。とりあえず軽く触ってみたい人用なのかな。まぁ超絶初心者の僕には丁度良いと思う。



勢力ごとに色分けされてるので、組んだらすぐにゲームが出来る。

それとデカールが入ってました。デカール貼りとか、小学生以来じゃなかろうか笑

上手く出来る自信がないなぁ。。。



チュートリアルとかが書かれてる本から、より詳しいコアルールとか、組み立て説明書。ザッと目を通したけど、ダークヴェンジェンスに比べると多少親切になった印象を受けます。



キャラクターシート。クソカッコいいイラストが描かれたシートの裏側(表?)に、それぞれのキャラクターの能力が書かれてます。



ミニチュアのベースとインチ計る物差し。後は6面ダイスですね。



そして今回最大の特徴と言える戦場シートとテレイン(障害物)。このテレイン、実は内箱をひっくり返したモノなんですよ。いゃあ〜面白い。


以上が今回のコンポーネントです。

実はこの他にも、1万円くらいで約倍の数のミニチュアが揃うスタートセット「KNOW NO FEAR」もあるんです。

ガッツリ始めるなら、断然そっちを買った方がお得なんですが、今それを買うと「ダークヴェンジェンス」の塗装を放棄する自信があります。。。

「ダークヴェンジェンス」のミニチュアも、とても魅力的なのでちゃんと仕上げたい。

それでも心が折れなければ「KNOW NO FEAR」の購入も検討したいです。

「FIRST STRIKE」と「KNOW NO FEAR」の両方とも、プライマリスマリーンとデスガードが入って、聞いた話ではそれぞれ違うミニチュアが入ってるとか。商売上手ですね笑

とりあえずプライマリスマリーンはカッコいいから、単純にミニチュアのコレクションとしても集めたいです。


後は収納と運搬時の方法を考えなきゃなぁ。。。

拍手[0回]

ダークヴェンジェンス製作記5

部隊毎にモデリングと塗装を仕上げていこうかと思ってたんですが、それだと時間がすげ〜かかるんで、とりあえず片っ端から組んでゲーム出来る状態にします。



バラキエル軍曹率いるデスウィング・ターミネーター部隊。重装備でメチャ硬そう。持ってる武器も高火力っぽいしベースもちょっとデカいんで、たぶん強めのヤツらなんでしょう(適当w



アリオン軍曹率いるレイヴンウィング部隊。
やっぱ移動が早いんですかね。瞬間接着剤で組んでたら、しっかりハマる前に固まってしまって、バイクの隙間がエゲツない。普通のプラ用接着剤の方が良いみたいです。

チュートリアルシナリオ(?)を読んでると、以上2部隊は、ダークエンジェル戦団側の予備部隊として使うそうです。ダークエンジェル戦団が、ケイオススペースマリーンから奇襲を受ける的な内容でした。楽しみです。


ちょっと余談なんですが、第8版のルールブック(インデックス?コデックス?)にダークエンジェルって書いてたヤツと、ケイオススペースマリーンって書いてるヤツがあったんですが、それらを買えばダークヴェンジェンスのミニチュア使って8版が遊べるんでしょうか?今度、ショップで聞いてみようかな。



では続き。ココからはケイオスサイドです。



ケイオス陣営のカルティスト。アナークスとテトクヴァールってヤツの2部隊を一気に組みました。

装備の統一されてない感が凄い好きです。コストが低いらしいので、大量に陣営に投入出来るらしいから、コイツらアホみたいにかき集めた部隊とか作ってみたいと思った。。。けど、どうやらコイツらはクソ弱いらしい。



大剣もってるのがケイオスロードの“無慈悲なる”クラーノン。ハゲてるのがチョーズンチャンピオンのドラズニヒト。その他チョーズン隊です。

実はクラーノン。ブログで紹介してないんですが、ずいぶん昔に見た目に惚れて、バラ売りを見つけて単品を買ってたんですよ。しかしながらパーツの欠品があって、そのまま丸々どっかいってしまってた過去がありました。

まさかここで再会出来るとは思いませんでした。コレは運命なのかも知れません笑

さて、最後はボックス中一番大きなヤツ。



ヘルブルートと言うヤツらしい。ネットで塗装例やら情報収集してたら、超カッコ良く改造してる人とかいて、僕もいずれそんな事が出来る様になりたいと思いました(小並感

以上でダークヴェンジェンスのモデリングは、多分
完了してるはずなので、怒涛のモデリングが終わった後は、怒涛のペイントが待ってます。まだまだ終わらんよ!

1体に必要なパーツが3〜4つ程度なので、モデリングだけなら速攻で出来ます。塗装もシタデル使えば、簡単なのでモデリングやペイントで二の足踏んでる人がいたら、その辺で心配する必要は無いかと。

まぁ、値段的に二の足踏む気持ちは分かりますが笑

ウォーハンマー40k、今まで何で手を出さなかったんだろう。モデリングとペイントだけでも、凄い楽しいなぁコレ。

ゲームしたらもっと楽しいんだろうなぁ。

拍手[0回]

スペースマリーンヒーローズ塗装2

ひとまずこの子はコレで完成とします。



彩度と明度を思いっきり上げてみました。正直、やり過ぎた感はかなりありますが笑



ただ、意外とハイライトはしっかり入れてあげる方が、少し離れて見た時の存在感が強くなるので、いっぱい盤面に並べた時に目立つと思う。

指揮官系や大好きなキャラには、ガッツリハイライト入れると分かりやすいかも知れませんね。


今回の塗装は、非常に得るものが多かったです。またこのシリーズを見つけたら、とりあえずつまんどきます。

スペースマリーンはやっぱりカッコいい。

拍手[0回]

スペースマリーンヒーローズ塗装1

完全にウォーハンマーのミニチュアの虜になりました。

ダークヴェンジェンスの途中ですが、スペースマリーンヒーローズ塗装します。



ひとまず下地塗り。今回はパーツ接着せずに塗ってみます。



モヒカンのかなり渋いご尊顔なので、じっくりゆっくり顔から仕上げてみます。



後から塗るのが大変なので、先に目と口の中に色を入れておきます。



濃いめのオレンジで皮膚部分塗装。



シェイドで影の部分のグラデーションを作っときます。



明るめのレイヤーを入れて、一旦顔の塗装は止めておきます。黒目は上手く入れれるか分からないので、今のところはやめておこうかな。



パワードスーツの塗装の為にドライブラシ入れ。



一通り塗り分け後にシェイドかけました。今後ハイライトして完成予定です。



ポーズ的にもかなり塗り易い。両手とランドセルと頭はまだ接着していないので、塗りにくい時は外して塗れる。

塗装練習するキットとしては、かなりオススメ出来ますね。キャラクターの能力シートも入ってるので、8版で遊ぶ時に使えるんですかね?

拍手[0回]

スペースマリーンヒーローズ買ってきた

つい最近まで、ウォーハンマー40kに全く興味がなかったので、全然知らなかったんですが、「スペースマリーンヒーローズ」ってシリーズがあって、ミニチュアが1体ランダムで入ってて750円だそうな。

高いと思うでしょう?普通はそう思うんです。

でもね。。。もうバカになってるんでしょうか。コレ見たときに「ウォーハンマーなのに安っ!」て思っちゃったんですよ。

多分、何度かゲームズワークショップのミニチュア作った事ある人は分かると思うんですが、凄い精巧に出来てるんですよ。作りながら、また塗装しながら「凄えなぁ〜」と思えるクオリティなんですよね。


つい数日前まで、ウォーハンマー 40kに全く興味が無くて全然知らないし、何だったらゲームすらした事ないニワカが偉そうに言って、大変恐縮なのですが。。。750円はね。。。安いんですよ。


良いですか?皆さん、お買い得ですよ!

たった750円で、あのスペースマリーンのミニチュアが手に入るんです。ぶっちゃけ「あの」とかいいながら「どの」スペースマリーンなのか全然分かってませんが、とにかく青い筋肉ダルマのオッサンが、たったの!たったの750円!

あなたならどうしますか?

買うしか無いでしょ?


だからヨドバシ梅田で見つけたので買いました。




ここまでクソみたいな前フリを読んでくれた方、本当にありがとうございます。そんなあなたの今後の人生が幸せに包まれる事を、心よりお祈り申し上げます。




以下、スペースマリーンヒーローズ開封の儀。

13種類内3体はシークレットで〈修正〉12種類内2体がシークレット、全部欲しい人は全種類セットで買えばちゃんと揃うらしい。

13体目に偉い人が3千円で売ってるらしいです。






パッケージもカッコいい。捨てるのが惜しいと思う僕は、完全に沼に足を取られてるんだろう。

やっぱり青いパワードスーツって魅力的に見えるなぁ。とりあえずコイツらで戦団作ってみようかな?
初心者向けスタンダードってイメージだけど、どうだろ?違うのかな?



裏には12種類と内2種類シークレットの影が。
13人目の偉い人の箱に全員分のデカールが入ってるとか。




中には、ミニチュア1体・説明書・キャラクターシート、そして招待状なるものが!?

どうやらお近くのウォーハンマーストアでペイント体験出来てミニチュア1体貰えるらしい。。。ただ書いてある店舗が全部東京なんだけど、どーいう事だってばよ?

まぁこんな紙無くても、普通にペイント体験させて貰えると思うけど。




説明書に「 手だけて簡単にランナーから外せる」的な事が書いてたから、試しにやってみたら本当に簡単に外せた。ただガチで綺麗に作りたい人はやめといた方が良いかな。

ちゃんと精密ニッパーとかで切った方が、当然綺麗に外せる。


頭部が「ヘルメットあり」と「ヘルメットなし」が選べたのが嬉しかった。それと最初からベースがデコってあるのは、とても有り難い。初めてミニチュア作る人や、塗装を試してみたい人には、コレは有り難いですね。

値段的にもリーズナブルなので、見かけたら「とりあえずひとつ買っとくか」てなりそうだし、そのまま気づいたらどハマりする人も少なく無い気がする。

もっともっと関西がミニチュアまみれになれば、僕の趣味はより充実するので嬉しいです。

拍手[0回]

ダークヴェンジェンス製作記4

ヴロシュ・タッターソウル塗装しました。

ネット上では黒メインで塗ってる人が何人かいて、その方がカッコよさげだったんですが、出来るだけ公式設定に従って塗ってみました。



凄い細かくて、塗っても塗っても先に進んでる感じがしない。。。水色からの光沢は個人的には得意なんだと気づいたけど、赤いパワードスーツがどうしても安っぽくなってしまうなぁ。

ただ、手間暇かける程に良い顔になっていく気がします。塗装に苦労したミニチュアは愛着が半端無いんですよね。

そんなミニチュアがゲームで瞬殺とかされたら、良い歳して泣いてしまうかも知れない笑



ひとまずはコレで手を止めます。また他の奴ら塗った後に、全体の調子見て触ると思う。

コイツはボスって感じより、エリート兵って扱いなんでしょうかね?

拍手[0回]

ダークヴェンジェンス製作記3

とりあえず、古参軍曹ラファエル完成。



ボックスアートの真ん中に描かれてるのはコイツですね。ウォーハンマー40kは 、こんな渋いオッサンたちが大活躍するのですね。

世界を救うのは、美少女でもイケメンでも少年でも無いッ!いつだってオッサンなのだ!オッサンよ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ!オッサンよ! 我らオッサンこそ選ばれた民であることを忘れないでほしいのだ!!





。。。おっと、いけない。つい取り乱してしまった。続けます。



ウォーハンマー 40k 用の撮影スタジオも作成しようかなぁ。もう少し戦場っぽい方が背景として合いそうですよね。




次は彼が率いる戦略部隊を仕上げます。



ある程度の塗り分け後にシェイドかけました。
以前はこの段階で完了してたんですが、シタデルカラーのレイヤーと呼ばれる明るめの色の塗料を重ねる事で、かなり見栄えが良くなるんです。

多少荒くても、光が当たるであろう部分やエッジ部分なんかに、チョコっとレイヤーを入れると、何だか上手く塗れてる気がしてきます。



ラファエルを挟んで左側4人がレイヤー入れたもの。右5人がシェイドかけただけのもの。写真じゃ分かりにくいかも知れませんが、肉眼で見ると効果絶大なんです。



部隊全体のバランスを整えながら、塗り重ねていきました。シタデルカラーはベース→シェイド→レイヤーてな具合に、塗る順番や方法がシステム化されてて、初めての人でも比較的簡単に上手く塗れる。

僕はその辺、かなり適当にやってるので、恐らくちゃんとやれば、僕レベルのペイントは余裕で超えられるんじゃないかな。

シタデルカラー、毎回塗りながら「凄い塗料だなぁ〜」と感心します。すぐ乾くし臭くないので、晩御飯後に家族がTV見てる横のリビングで塗ってても怒られない。

お陰で趣味が捗ります。



後は銃を細かく塗り込んで、ベースデコったら完成にしようかなぁ。

以上!今日はここまでッ!!

拍手[1回]

最新コメント

[06/01 ちゃか]
[03/26 汁]
[05/06 ちゃか]
[12/17 NONAME]

プロフィール

HN:
ちゃか
Webサイト:
性別:
男性
趣味:
ミニチュア
自己紹介:
Twitter始めました→@chakalogmini
Copyright ©  -- ちゃかろぐ☆ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]