忍者ブログ

ちゃかろぐ☆

アナログゲームにハマってます。

   
カテゴリー「日記」の記事一覧

この1年間

この1年は趣味が爆速で充実した年だったかと思います。

3〜4月まではほぼ仕事しかしてなかったけど、何気にミニチュアショップY&Yさんに寄ったのを皮切りに、ウォーハンマーへまっしぐら。


「ルール覚えなくて良いから遊びましょう」の一言が、ウォーハンマーをゲームとして楽しむきっかけになりました。

ミニチュアゲーム初心者で、はじめたいけど踏ん切りがついてない人は、何も考えずにミニチュアショップY&Yさんへ行くと、めちゃくちゃ丁寧に面白おかしくレクチャーしてくれるよ。





5〜6月ごろからゲームデビューして、3戦ほど出来ました。息子たちが小学生になったら、土日のイベントなんかにも参加出来るかなぁ。





ゲーム以外では、時間が開けばちょっとずつミニチュア組んだりペイントしたり。シタデルカラーは無臭で無害なので、家族に遠慮せずリビングで手軽に出来るのが良い。



スチレンボードで廃墟もいくつか作りました。
コレも全てミニチュアを飾るため。



この趣味を始めた事で、暇な時間ってのが皆無になった。少しでも時間を作ってミニチュア触りたい。

実際は仕事やら家事とか育児とかで、なかなかミニチュアいぢりに時間が取れないけど、1日5分でも10分でも末長くこの遊びは続けたい。

そう感じた大晦日。

皆様、良いお年をお過ごし下さいませ。

拍手[0回]

PR

色々買ってきた

先日、長男用の「アンパンマン ステップアップひらがな」を探して本屋を徘徊してたのですが、なかなか見つからず。。。他のやつで妥協しようと思ってたんですが、ふと「タギミさんにあるんじゃないか?」と思い至り電話してみたら普通に置いてました!

早速向かいまして、ついでに色々買いました。



スペースマリーンヒーローズ2個と、以前から気になってたヘキサギアの新商品。とりあえずスペースマリーンヒーローズから開封。



2個買った内のひとつがシークレット出ました。ヘルブラスター装備だから、ゲームで使う場合は部隊組む必要があるんで、ヘルブラスター装備のスペースマリーンをあといくつか揃えなきゃね。

今度出る小規模戦用ルールのキルチームでなら使えるのかなぁ。ちょっと様子見してみますか。



続いてヘキサギア 開封。久々の国産のプラモデルらしいプラモデル。最近ミニチュアばっかり作ってたので、ランナーの数が多くて内心「面倒臭さ」と思ってしまったよw



作ってみると、やっぱり国産だけあって親切な説明書。わかりやすくてサクサク作れて、塗装しなくてもこの色分け。流石です。



しかも約8cmくらいのサイズにも関わらず、めちゃめちゃ動くよこの子!!?

その分、手足やパーツがポロポロ取れやすいんですけどね。



とりあえずフルペイントするので、下地塗りまくっといた。ゆっくり配色考えて「僕が考えた最高のロボット」にしよう。

拍手[0回]

Y&Yさんに行ってきた

7月7日のウォーハンマーストアなんば店1周年記念は仕事で行けなかった。。。限定品もあったみたいだし大雨にも関わらず賑わってたみたい。行けた人たちが羨ましい。

また日本橋方面に行ったらチラッと覗いてみます。

そして今回はそんなウォーハンマーなんば店さんから徒歩ですぐのところにあるお店に行ったお話。

先日、以前から気になっていた「ミニチュアショップY&Y」さんに行ってきました。

今年の4月(だったかな?)にオープンしたお店で、ここの店長さんとスタッフさんは、YouTubeでミニチュアTVというミニチュアゲームに特化した配信をされてます。僕もその配信やアーカイブを良く見てるんです。なので店長さんの人柄は事前に知っていたのですが、実際に会って話してみると動画で見てる以上に良い人でしたw

たまたまその場に居合わせた常連の方も、とても親切に色々教えて下さって「超絶初心者の僕でも安心してウォーハンマーを楽しめそう!」と思わせてくれた、そんな素敵なお店でした。

店長さんが「別にルール覚えなくても良いんです。やってたら覚えるから、今度一緒にゲームしましょう!」と言ってくれたのが、何気にめちゃくちゃ嬉しかったです。心底、ミニチュアやミニチュアゲームが大好きなんだと感じました。話してるだけで、こっちまでワクワクしてきますw


って事で、Y&Yさんでミニチュア運搬用のケースを購入しました。コレで頑張って塗ったミニチュアたちを安全にゲーム会に連れていける!



結構いっぱいミニチュア増えて来たなと思ってたんですが、実際にスペースマリーンんだけ詰め込んで見たら意外とスカスカだったw



とりあえず家に帰ってから、ずっとニヤニヤしながらミニチュアを入れたり出したりしてましたw

Y&Yさんの常連さんも同じケースを持ってて、その人のケースには満杯のミニチュアが詰まってました。。。羨ましいw

僕もこのケースいっぱいのミニチュア持って、早くゲームデビューしたい。

いやぁ〜人生って楽しい。

拍手[1回]

シタデルカラーとペイント

息子2人連れて、高槻の模型屋「タギミ」さんにシタデルカラー補充に行きました。シェイドがキレて、アバドンブラック薄めて使ってたけど、やっぱりちゃんとしたヤツじゃ無いと、なかなか上手く決まらない。



ついでに使った事無いテクスチャも3つ買いました。今後、どんな風になるのかまとめて記事にしてみます。


そして、Twitterで「これを見たやつは自分の成長を語れ」的なタグを見つけて、僕が初めて塗ったヤツと最近のヤツを比べて見た。



ペイントのモチベーションが上がらず、全く塗ってなかった期間もあったりするんですが、それでも約5年の月日が経ってました。

左が2013年、ディセントの駒を初めてシタデルカラーで塗ったヤツ。シタデルカラー自体、どう言うものか手探りしながら何とか塗り分けてた感じです。

右が2018年、安さに釣られて買った旧版ウォーハンマー40kスタートセットの駒。全体的に色数が増えてる気がします。

劇的に上達してるとは言えないけど、楽しみながらチマチマやってりゃ、少しずつ上手くなっていくんでしょうね。

これからも焦らずゆっくり楽しみたいと思います。

拍手[1回]

岡山にて

GWという事で、嫁の田舎の岡山の山奥に来てるんですが、そこから車で30分くらいの所に「トイランド マキノ」さんと言うおもちゃ屋さんがあります。

以前、何気なく寄ったそのお店にシタデルカラーやウォーハンマーミニチュアが並んでた事に驚いて、嫁の田舎に来る度に寄っては、小物をちょこちょこ買っていたんです。


今回もシタデルカラーやらの補充と、ミニチュア探しに行ったら。。。




1万3千ちょいする旧版ウォーハンマー40kのスタートセットを、在庫処分価格の6割引きで売ってくれるとの事で、勢いあまって買ってしまいました!!



こちらは第6版(7版でした)のスタートセットらしいです。現在の最新版が8版らしいので、ショップやサークルなんかで遊ぶ場合は難しそうですが、とりあえず友達とコレを遊んでみようと思います。

それで面白い様なら、最新版をガッツリ遊んでみようかな。

一応、この箱で旧版とは言えウォーハンマー40kを遊ぶ為に必要な一式が揃うらしいので、コスパ的にもかなりお得じゃないですか?ミニチュアもアホほど入ってるから、ペイントだけでもかなり楽しめる。

その他、シタデルカラーも1個100円で、ついでにシタデルの筆に至ってはタダで頂きました。


とてもステキな出会いがあった1日でした。


嫁の田舎でパーツとか忘れて帰ったら大変なので、とりあえず開封の儀式は自宅へ帰還した時に行います。

拍手[0回]

まさかの日本語版!?


アークライトTwitterに思わぬお知らせが!!



ゾンビ山盛りボードゲーム「ゾンビサイド」の最新作「ブラックプレーグ」が、アークライトさんからまさかの日本語版発売らしいです。

英語版でも1万2千〜1万5千円するので、多分それくらいか、そこに数千円上乗せくらいの定価になるんじゃないのかな?

現代版の方を買った時に、「中世版は値段も高いし、買うなら別のゲームで良いかな」と思ってたんですが、日本語版と言われると心が揺らぐ。。。

システム的にオリジナルキャラも作れるので、僕の持ってるミニチュアも、かなりの数を登場させれる可能性もあるし、何より日本語版だと友達と遊ぶ際にインストが楽になる。

迷うなぁ。

拍手[0回]

明けましておめでとうございます。

旬を逃した記事を上げ続けるこんなブログでも、アクセスして下さる皆様のお陰で、無事に新年を迎える事が出来ました。

そして去年末に思わぬアイテムを入手しました。



でで〜ん!!
NintendoSwitchゲット〜!!

とりあえずゼルダとファイヤーエンブレム無双を買いましたが、まだ触り程度しか遊べてません。

正月休み明けに、仕事の納期が幾つか控えているので、しばらくは神棚にでも飾っておきます。

今後もこんな感じで、旬を逃した記事を書き続けるブログですが、何卒よろしくお願い致します。

拍手[0回]

ゴブリンスレイヤー3巻

久々の更新です。
最近、育児と仕事以外は何も出来ない日々ですが、それはそれで中々楽しい今日この頃で御座います。


そんな中、「ゴブリンスレイヤー」3巻が発売されてたので買いました。



ぶっちゃけ、ネットで最新話が公開される度に、各話それぞれ4〜5回は読んでるので、そこらのコミックなら改めて買う事は無いんですが、コレだけは別格ですね。


今回のお話は、ゴブリン王率いる100匹規模のゴブリンの襲撃から、幼馴染の娘が住む農場を守るお話。

今まで冒険者ギルドや街中でしか登場してなかった冒険者たちが、ゴブリンの群れ相手に大立ち回り。
ファンタジーRPG好きにはたまらない要素が、物語のあちこちに溢れてる。

それぞれの冒険者のキャラがしっかり立っていて、話の中で個々の役割をちゃんと果たしている。

コレを読むとTRPGやりたくなるんですよね。

現在、ゴブリンスレイヤーのメインの話以外に、ゴブリンスレイヤーがゴブリンスレイヤーになるまでの話が外伝として連載されているので、そちらも楽しみです。

拍手[0回]

色々買った。

イエローサブマリンなんば店の横にオープンしたと言う、巷で噂のウォーハンマー専門店に行く機会がありました。

店内はかなり広くて入り口も全開なので、ウォーハンマーの事を知らない人が間違えて入って、そのまま深みにハマるケースも増えそうですね。


そして、そのままアイコノクラズムさんへ行きました。宝探し的に店内物色したり、店長とお喋りするのが楽しいんだ。ミニチュア単体売りも沢山置いてるから、行けばお気に入りのミニチュアと出会えるんだ。


日本橋が僕好みの街になるには、あと十店ほどアナログゲームやミニチュアの店が必要です。ブーム来ねえかなブーム。

関西がもっとミニチュアまみれになれば、僕はただただ幸せです。



今回の日本橋徘徊で買ったのは



ウォーハンマー「エイジオブシグマー」のスタートガイド。オマケでミニチュアが1体ついてます。

物語や細かい設定だけでなく、様々なミニチュアの紹介からペイントの解説や、ゲームのルールがガッツリ書かれてます。

個人的に、今のところゲームをやるつもりは無いんですが、アイコノクラズムさんも店舗拡大して、ゲームスペースを大きくするそうだし、僕がゲームに参戦出来る機会があるかもしれない。。。時間と資金的余裕が出来ればやりたいなぁ。

なんせコレで1,200円は安すぎます。


続いて買ったのは



キングダムデスのミニチュア。D&Dなどのサイズより少し大きいんですが、ミニチュアのクオリティが半端なく高い。若干、アニメ的なデフォルメがされてて、興味があったので勢いで購入。



武器や頭や装備を好みで組んで、好きなミニチュアに出来る。4体作れるんですが武器やその他パーツが余るので、実験がてらボディとかを「おゆまる」複製で作ってみようかな?

とりあえず仕事がたまってるので、あらかたこなしたら製作に取りかかろう。


いやぁ〜楽しい午後のひとときでした。

拍手[0回]

ダークエルフ物語III

一時、アホみたいな値上がりをしていたので諦めていた「ダークエルフ物語III」が、久々にアマゾンさん覗いてみたら落ち着いてたので買いました。



届いて箱から出してみたら、表紙の上で何かをメモった筆跡があったり、ページが若干焼けてて黄ばんでたりで、普段ならブチ切れてクレームしてるところだけど、返品して新しいのが届くのを待つのが耐えられる自信が無い。

今すぐ読みたい。僕にとってはカバーの痛みより、中身の方がが気になって仕方ないので、今回はクレームしないでおくよ。R・A・サルバトーレ先生に感謝するんだなぁ!!


邪悪なダークエルフの社会に馴染めず苦悩を続けたドリッズト。故郷メンゾベランザンから逃亡し、地下世界アンダーダークを抜け、今回の3巻で念願の地上へ出る事になります。


2巻の最後で、アンダーダークの荒野をずっと一緒に冒険してきた灰色ドワーフのベルワーと別れる事になりました。

2人が交わした言葉はとても少ないけど、お互いの気持ちが通じてるのが、とても強く感じられる別れのシーン。泣けたね。。。お互い、相手の事を本当に大切に思ってるからこその別れ。漢たちの種族を超えた友情に胸が熱くなった。

この2人の冒険をもっと見たかったけど、これから地上に出たドリッズトが、どんな人たちと出会い、どんな冒険をするのかが本当に楽しみです。

これで3部作のダークエルフ物語は、一旦の終わりを迎えるんですが、実は本のデザインが変わった続編がまだあるらしい。それらも全部読みたい。

手元に置いておいて、しかるべき時に息子たちにも読ませたい。この素敵な物語から、息子たちが何かを感じてくれたら嬉しいなぁ。

拍手[0回]

最新コメント

[06/01 ちゃか]
[03/26 汁]
[05/06 ちゃか]
[12/17 NONAME]

プロフィール

HN:
ちゃか
Webサイト:
性別:
男性
趣味:
ミニチュア
自己紹介:
Twitter始めました→@chakalogmini
Copyright ©  -- ちゃかろぐ☆ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]