忍者ブログ

ちゃかろぐ☆

アナログゲームにハマってます。

   

レイブンロフト〜8

遂にレイブンロフト城の最深部。
いくつかのミッションはすっ飛ばしましたが、ラスボス一歩手前と言う辺りでしょうか。

最近気づいたんですが、いくつかのパワーカードやミッションに必要な重要アイテム的なトークンが紛失している。。。

次男が「ゴミ箱にポイ」を覚えて、あらゆるものを「ごみぃ〜」と言いながら捨てるので、それに巻き込まれたんでしょうか。まぁ、無いなら無いで他の何かで代用すれば良いので、何の問題もありませんけどね。その辺に放置してた僕の責任だし笑

なので、今後ブログにあげる写真のトークンが、別のものだったりする事があります。


ストラード抹殺のため、レイブンロフト城へ潜入した一行は、遅れてやって来たクレリックと合流し、さらに奥へと薄暗い城内を進む。



前回かなり楽勝だっけど、ストラードは怖いのでクレリックを加え万全の体制で挑みます。



しばらく進むと魔法陣の刻まれた部屋を見つけた。突然、魔法陣は強い光を放ち、中心からウェアウルフが現れる。

攻撃ごとに体力が1回復するので、一気にたたみ掛けないとなかなか厄介。



開幕と同時にドリッズトが、グーパンチで2タイル吹き飛ばされながらも、全員でフルボッコにし何とか倒しました。

ウェアウルフを討伐し奥へ進もうとする一行に、休む間も無くモンスターが襲いかかって来る。



回復手段はいくつかあったにも関わらず、余裕ぶっこいてたらドリッズトが死にました!(◎_◎;)

パーティー唯一のダメージディーラーが死亡した事で、一気に殲滅力が下がりました。。。




地下への階段を見つけた一行。階段の側に誰かが立っている。アレは。。。不死の王ストラード伯爵!!
「ようこそ我が城へ。では楽しませて貰おうか。」ストラードは不敵な笑みを浮かべ一行に襲いかかる。


僕の解釈が間違ってるのかどうか、詳しくは分かんないんだけど、こいつは近づいて噛み付いて更に範囲攻撃するのかな?

今回はその処理でプレイしたんですが。。。鬼の様に強いんですけど!!

凡ミスでドリッズトを死なせてしまったせいでもあるんだろうけど、攻撃はなかなか通らないし範囲攻撃するし、血を吸われたら回復しやがるし。。。

ただ、こちらのタンカーのヴェルトも硬さだけなら負けていない。スキルとアイテムとレベルアップにより防御が21もある。激しい攻防が続くも、回復役のクレリックが範囲攻撃に巻き込まれて撃沈。



激戦の末、余裕の笑みを浮かべていたストラードの表情が苦痛に歪み始めた。チャンスかと思った矢先、ストラードはモンスターを召喚した。

こいつはやべぇぞ〜。。。ギリギリ勝てるかどうかって時に、ブレイジングスケルトンはアカン。。。



激しい攻撃に耐えきれず、ヴェルトはその場に倒れ気を失った。

もう少しでストラードを倒せそうだったんだけど、ギリギリ手が届かなかった。ドリッズトを雑魚戦で失ったのが敗因でしたね。前回、絶好調だったから完全に油断してました。


意識を失って次回に続くって事にします笑

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by NONAME
  • 2017/12/17(Sun)23:36
  • Edit
Dungeons&Dragons OnlineのRavenLoftで行き詰まって検索したらこのページに……
元々はこんなボードゲームだったのですね

あぉ!

  • by ちゃか
  • 2018/05/06(Sun)22:12
  • Edit
すみません。今コメントに気づきました^^;

D&Dのオンラインゲームがあるんですね〜。日本語版でしょうか?凄く気になります。


元々はテーブルトークRPGと呼ばれる卓上ゲームで、それを簡略化したのがこのD&Dボードゲームです。

レスが遅くなってしまって申し訳ない。コメントつかないのがデフォルトのブログなので、完全に油断してました。

最新コメント

[06/01 ちゃか]
[03/26 汁]
[05/06 ちゃか]
[12/17 NONAME]

プロフィール

HN:
ちゃか
Webサイト:
性別:
男性
趣味:
ミニチュア
自己紹介:
Twitter始めました→@chakalogmini
Copyright ©  -- ちゃかろぐ☆ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]