忍者ブログ

ちゃかろぐ☆

アナログゲームにハマってます。

   
カテゴリー「ドラスレ」の記事一覧

ドラスレ 塗装〜7

▪️ダクスブレード
邪悪なドラゴンを守護者する一族の末裔。



悪そうな見た目と、設定に惹かれて購入した拡張版「魔竜の守護者」のキャラクター。ノンプレイヤーキャラとしてもプレイヤーキャラとしても使える。

撮影場所を脱衣所からキッチンの換気扇前に変えたので、照明の色が今までと少し違います。こっちの方が哀愁漂う雰囲気で、このキャラに合った写真になりました。

塗装の荒さも誤魔化せた気がします。



いゃ〜ドラスレのキャラは、ちょうど良いデフォルメとポーズで非常に塗りやすいですね。

この拡張版「魔竜の守護者」には、メタル製ミニチュアが1体しか入ってないので、正直言えばあまりお得感が無いと思いますが、それを補って余りあるキャラの格好良さ。

個人的にドラスレ全キャラ中で一番好きです。
早くゲームに登場させたいなぁ〜。

拍手[1回]

PR

魔竜の守護者

ドラスレの拡張魔竜の守護者を買いました。



邪悪な竜を守護する一族の末裔ダスクブレードが登場する拡張。ストーリー面を強化する拡張で、彼とのやりとり次第でドラゴンとの決戦に大きな影響を与えるらしい。

早速、開封。



説明書や新たな決戦表に、恐らくダスクブレードと対話する為のカードとトークン。

そしてこのダスクブレード、プレイヤーとしても使えるらしいんです。

なので、ミニチュアとプレイヤーカードと経験値やライフに使うマーカーが入ってます。

正直、ミンキャスかファングかコレでかなり悩んだんですが、やっぱ暗黒騎士っぽいキャラに厨二心がくすぐられた笑



このトゲトゲした鎧、そしてライフを削って攻撃したり、竜にダメージ入れると回復するとか、まさに暗黒騎士!!



拡張には他に、新キャラはもちろん新マップ追加する拡張とか、最大プレイ人数増やす拡張とか色々あるみたいなので、気が向いたらまた購入を検討します。


拍手[1回]

ドラスレ プレイ1

【ゲームの目的】

ハヴィニア地方に棲みついたドラゴンを討伐する事。

ドラゴンのライフを0にすればプレイヤーの勝利。
《冒険フェイズ》でプレイヤーが1人でも死ぬか、《決戦フェイズ》で全滅すれば敗北。相討ちは勝利。

【ゲームの流れ】

《冒険フェイズ》と《決戦フェイズ》の2つのステージがあります。

《冒険フェイズ》では、5つの山の試練を乗り越え、強力なアイテムを集めたり、冒険をしてキャラクターを育て、ドラゴン討伐に向けて準備をします。5つの山の試練を全てクリアすると、自動的に《決戦フェイズ》に移行します。

《冒険フェイズ》でのキャラの行動手順は、「移動」したのち、「冒険」「休憩」「協力」「調査」「挑戦」を選び行動します。

また、《冒険フェイズ》中にドラゴンゲージ(警戒度)がマックスまで上がると、強制的に《決戦フェイズ》に移行します。

移動ロールで6の目を出すか、竜の隠れ家を見つけてドラゴンにダメージを与える事で、ドラゴンゲージが上昇します。




【ダイスロールについて】

▪️移動ロール
マップ移動は、ダイスの数だけ進めます。例として、移動力が3のキャラは、ダイスを3個ふれるので、最大で3マス進めます。

1→移動不可能
2以上→街・村・街道
3以上→平地
5以上→森
6→全マス移動可能+ドラゴンゲージが上昇


▪️ピークロール
移動ロール以外での判定にはピークロールを使います。

1→-1
2→±0
3→±0
4→+1
5→+1
6→+1 更にダイス1個ふり足す

ピークロールで6の目が出てふり足された場合
1→-1
2以上→+1
6→+1 更にダイスをふり足す
6が出続ける限り、ダイスをふり足し続ける。

簡単に言えば「4以上の出目が成功」って事。「1が出れば最悪」「6が出れば最高」って事だってばよ。


大まかなルールは以上かな?
判りにくい部分や誤りがあったら、コメにてご指摘下さいませ。

今回は、パラディン→グラディエーター→ハンターの手番順で3キャラでプレイ。



比較的戦闘力高めの3キャラなので、ダイスさえ回れば何とかなるんじゃね?と言う軽いノリでドラゴン討伐に赴く。この時はあんな事になるなんて、夢にも思わなかったのでした。

パラディン初の移動ロール。



わぉ!いきなりドラゴンゲージが2アップ。
……ま、あるあるだし。まだまだこれから。

続いてグラディエーターの移動ロール。



あらら、またドラゴンゲージ上がったな。
まだ始まったばかりだし、のんびりやろう。

続いてハンターの移動ロール。



。。。
はしゃぎ過ぎじゃね?
まぁコレから挽回して行こう。。。

その後も、適度に経験とドラゴンゲージを上げつつ、アイテムを集めてたら。。。

グラディエーターの移動ロールにて、



お前らふざけてんのかぁー!!( *`ω´)
こんな出目、なかなか見れないぞ!
何でそれを今出すんだよっ!!



そんなこんなでドタバタしながら冒険してると、ついにハンターがカンストしました。



竜の財宝も手に入れてるし、こうなったハンターは決戦フェイズで大活躍間違いない。

パラディンとグラディエーターはレベル2に。
もう少しでカンスト出来そうだったんだけど、序盤で暴れすぎたせいで、《冒険フェイズ》途中でドラゴンゲージがマックスに。

コレにより強制的に《決戦フェイズ》に移行します。



決戦フェイズ始まってすぐに、ハンターが連携攻撃のチャンスを掴む。ソロプレイでは体感出来なかったけど、コレが上手く決まるとなかなか気持ちいい。

どれだけ大成功叩き出しても、ドラゴンへのダメージは2が最大なんだけど、ピークロールで6が出ると脳汁分泌量が半端ない笑



直後に脳筋アタッカーのグラディエーターが没。
まだレベルマックスのハンターがいるとは言え、コレは痛い。



再び連携炸裂で、ダイスが回る回るw
コレにはテンションめちゃくちゃ上がった。



その直後にハンター没。ダイスが回ると不幸が起こる様だコレ。



耐えに耐えたけど、パラディンも没。
ドラゴンの残りライフ3だった。

あと少しだったなぁ〜。


プレイ感覚としては、TRPGの冒険と戦闘をギュッと凝縮した感じ。TRPGほどの自由度は無いものの、プレイする度にダイス出目次第でドラマが生まれる感覚が「あぁ〜ちゃんとRPGしてるわぁ〜」って気持ちにさせてくれる。

プレイ時間は、インスト含めると1時間くらいになるかも知れませんが、慣れてくると公式のジャイアントホビーさんが言うように、30分でドラゴン退治出来ます。

僕が持ってるボードゲームの中では最速のプレイ時間です。コレならば1日1ドラゴン退治も出来なくは無い。


「日々忙しいけどボードゲームしたい」や「RPGが大好き」や「ミニチュア大好き」な方の為のゲームじゃないかな。

次回こそドラゴン倒したいなぁ。

拍手[1回]

ドラスレ 塗装〜6

▪️グランドマスター

かつて伝説の英雄と称えられた元帝国騎士団長。皇帝の勅命を受け単身ドラゴン討伐に赴く。



イラストでは白を基調とした配色のキャラクターなのですが、実際白メインで塗ると超絶ダサくなったので、英雄っぽく赤や金や銀を塗りたくりました。

多少は強そうになったかな。。。

ソロでプレイする用のキャラだけあって、能力はチート級。かと言って、ゲームバランスを崩壊させる程の強さでは無いので、ダイス目次第でドラゴンに丸呑みされるのは変わりません。



いゃ〜ドラスレのミニチュアは、今まで塗ってきたミニチュアとはまた違った独特な雰囲気があるので、塗ってて新鮮な感じがして楽しい。

拡張版欲しくなってしまいますなぁ〜。

拍手[1回]

ひとまず塗装



基本セットの5人、ひとまず塗装完了しました。
ルール確認の為に何度か長男と遊んでみましたが、なかなかドラゴン討伐は難易度が高いですね。

公式的にも10回中に1回討伐できるか否かくらいの難易度らしいので、4歳の長男と遊ぶ際はドラゴンのライフを減らすなり、ダイス目の成功値を下げたりして、多少は手心加えてのプレイ推奨ですかね。

我が家では、長男がふったダイスに限り成功値に達しなかった場合、全てのダイス目を見事足し算出来たら成功にしてます笑



拡張使ってソロでのプレイもやってみたんですが、難易度調整が絶妙で、毎回ギリギリでやられます。

ダイス運にかなり左右されるゲームのはずなのですが、毎度毎度かなり熱い接戦になるので、ゲームとしての完成度は素晴らしいですね。

短時間で遊べるので、日々忙しいオッサンでも十分に「ボードゲームした感」を得られるオススメの一品では無いでしょうか。

またその内、詳しいプレイレポなんかも記事にしようと思います。

拍手[1回]

ドラスレ 塗装〜5

▪️プリンス
戦に敗れ滅んだ国の王子様。
ドラゴンを討伐して名を上げて再起を図る。



ブッチギリで顔面偏差値低い造形だったので、「いかにコイツを格好良く塗装出来るか」が今回の僕の課題でした。

そう言う意味では、かなり健闘した方じゃないかな。。。ぃや、マジで頑張ったと思うよ。



個人的には帽子が上手く塗り分け出来たので、ひとまずは満足です。正直、一番苦戦すると思ってたけど、塗ってる最中はなかなか楽しかった。


まだ使った事無いんだけど、能力見てると「金で何とかする」「傭兵雇って何とかする」的なキャラみたい。

さすが王子様w



あ。。。今気づいたけど、帽子についてるゴーグルを塗り忘れてるな。まぁ気が向いたら塗っときます。

拍手[1回]

ドラスレ 塗装〜4

▪️ニンジャ

不死の秘薬の原料となる竜の肝臓を求めて、竜討伐に名乗りを上げた忍。



コイツもパラディン同様に独特なデザインですね。
どこかカラクリ人形的な印象を受けます。

黒メインで塗ろうかと思ったけど、単調になりそうだったので紫メインで塗ってみた。

結果、単調になった笑



更に塗り込みが必要かな。
その場合はこのページに追記します。

拍手[1回]

ドラスレ 塗装〜3

久々更新。
年末から少し仕事を詰め過ぎて、趣味に費やす時間がゴリゴリ削られてます。だからこそ出来る時には全力で楽しめるんですけど、贅沢言えば1日がもう後2時間ほど長ければ、塗装も捗るんですけどねー。

◼️パラディン

パーティの盾役。
もともとシルバーをメインで塗装してたんですが、やっぱり納得いかなくて、白メインで塗りました。



シルバーよりはパラディンらしくなったかな。
かなり独特なデザインですね。個人的には盾はもっとバカデカくしてほしかった。



シンプル故に質感を出すのは難しいです。
出来れば金や銀に頼らなくても、高貴な品を表現出来るようになりたい。今のところはコレで良しとしよう。

拍手[1回]

ドラスレ塗装〜2

◼️ハンター

魔獣退治で生計を立てる狩人。
一攫千金を狙ってドラゴン退治に名乗りを上げた。



アニメっぽい顔つきなので、瞳が大きくてミニチュアの顔練習にはもってこいの造形ですね。

目玉用の極細の筆を用意した方が良かったかも。
ネットで他の人のペイント見てたら、とんでもなく可愛らしく仕上げて、僕はまだまだミニチュアに対する愛が足りないと感じます。



丁度良いデフォルメで、自作でミニチュア作る時の参考になる。ポーズ的には変更前の初版バージョンが好きですけど、ゲームで使う駒は頻繁に触る事になるので、ある程度の耐久性が必要なんでしょうね。


《追記》2018.4.7

いまいち盤面で映えないのでリペイントしました。



ミニチュアを棚やケースに入れて飾る事を考えると、ベースもゴリゴリにデコレートしたいんですが、プレイ中に即座に駒の位置が把握出来るって事を考えると、分かりやすい色で塗り分ける方が良いですよね。

そう言う事を考えると、「ボードゲームの駒」って単純にミニチュアとして「リアルな表現」だけじゃなくて、「視認し易い配色」とかも考慮すべきなんだろうか。。。

まぁ「リアルな表現」出来る様になってから考えろって話なんですけどね笑

拍手[1回]

ドラスレ 塗装〜1

久々のミニチュア塗装。リハビリ的に一番モチベーション上がりそうな美形ビキニ戦士に挑戦。


◼️グラディエーター

ドラゴンに喰われた師匠の仇を討つため、再び武器を取った帝国闘技場の元剣闘士。



無駄に露出が高いけど、驚異的な回復能力を持ってるっぽい。物理で殴って死に難いってあたり、初心者向けのキャラみたいですね。

相変わらず顔の塗装が残念。。。
イラストではかなり可愛らしいんですが、僕が女性キャラ塗るとゴツくなってしまいます。

瞳は筆塗りが困難だったので、丸ペンで描きました。



巨乳よりもケツに力を入れました。
多分、僕はケツフェチなんだと思



ネットで見てる時は、そこそこ大き目のミニチュアかと思ってたけど、実際はD&Dミニチュアとさほど変わらない。そのくせ造形がよく出来てて、女性キャラは塗装技術さえちゃんとしてれば、美人に仕上げる事も出来そう。

リハビリの割には、なかなかの難易度でした(−_−;)

拍手[2回]

最新コメント

[06/01 ちゃか]
[03/26 汁]
[05/06 ちゃか]
[12/17 NONAME]

プロフィール

HN:
ちゃか
Webサイト:
性別:
男性
趣味:
ミニチュア
自己紹介:
Twitter始めました→@chakalogmini
Copyright ©  -- ちゃかろぐ☆ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]